静夜 思 現代 語 訳。 静夜思 書き下し文・口語訳

静夜思 書き下し文・口語訳

「楽府題」は「楽府」のお題のことです。 (転句)頭をあげて山の上の月を眺め、• いつ、どこで作ったかがわからないものが多い李白の詩は研究者泣かせです。

20
盛唐の詩人。

李白「静夜思」ほか二篇 漢詩の朗読

「玉」は大理石。 李白「静夜思」ほか二篇• 後半では月光に誘われるようにして窓から外を眺めた作者が、ふと故郷のことを思い出し、その郷愁にかられ頭を下げてうなだれる様子を詠じている。 解説 敬亭山は安徽省宣城の北にある景勝地。

8
静夜思 ・ 縦書き、全漢字に読みつき、ひらがな ・ (漢文記事一覧) [ 現代語訳・書き下し文 ] [ 語句・句法 ] ・ 静夜思 … 静かな夜のもの思い ・ 牀 … 寝床 ・ 看る … 注意して見る ・ 山月 … 山の端にかかった月 ・ 望む … 遠方を眺める [ 原文 ] 牀 前 看 月 光 疑 是 地 上 霜 挙 頭 望 山 月 低 頭 思 故 郷 [ 書き下し文 ] 牀前月光を看る 疑ふらくは是れ地上の霜かと 頭を挙げて山月を望み 頭を低れて故郷を思ふ [ 現代語訳 ] 寝床の前に降り注ぐ月の光をじっと見つめる。

独坐敬亭山 李白 漢詩の朗読

私はやはり清代のよりこの形が好きです。

まるい形は一人として家族が欠けていない、中国人の幸福と理想を意味するのです。

静夜思(せいやし) 問題(1)解答

一 詩について。 この詩でうたわれる白帝城は日本人の感覚では東雲(しののめ)から頭を出す美しい城をついイメージしてしまいますが、そうではなくて公孫述の砦や劉備の永安宮がまだ一部残っていたかもしれない「城 まち 」なのです。 頭を挙げて山月を望み。

13
こうした場合は、起句は必ず、終止形に読み下す。 蜀の地(現在の四川省)で育った李白は、25歳で故郷を後にして長江を下り「諸国遍歴の旅」に出ます。

『静夜思』李白 【原文・書き下し文・現代語訳・解説】

まるで地表を霜が覆っているかと見まがうほどだ。 流罪の刑を受けた李白は辺境の地・夜郎(やろう)に向かいますが、すでに60近く、体力気力が衰える年齢で流罪とは…大詩人・李白の人生は決して順調で華やかなものではありませんでした。

20
1 李白 2 牀前 3 是 4 挙 頭 5 低 頭 五 次の語の意味を辞書で調べよ。

静夜思(せいやし)井伏鱒二訳

それはわからない。 「階」は庭から室内へ上がる短い階段。 そして一瞬霜と見間違えるのですから季節は秋、それも深まりつつある秋でしょう。

こうして向かい合っていて飽きが来ないのは、 ただ敬亭山だけである。