東京 都 教員 異動。 教職員人事異動 : 東京都 高等学校 一般教員 昇任・転任 2019/04/01

東京都の人事

公開日:令和2年(2020)7月1日 最終更新日:令和2年(2020)10月1日 1 目的 東京都教育委員会は、東京都公立学校教員の定期異動実施要綱(以下「定期異動実施要綱」という。

8
・通勤乗り換え2回、徒歩電車自転車駆使して1時間ちょっと ・子供2人を抱えての復職 ・主人は定時制高校勤務(午後〜10時まで勤務) ・両実家は遠方のため、助けは到底得られません。 その中でも人事権は校長の永年の夢でした。

令和2年度(令和3年4月1日異動)公立小中学校教員公募の実施|東京都教育委員会ホームページ

都教委が検討し、認めれば引き続き在校可能になります。

1
」(Q1参照)と回答しています。

【東京都小学校教員の方、育児特例での異動について】・現在1人目育休中・3月より2人目の産休…

(3)妊娠出産休暇及び育児休業中の者• さらに、「異なる三地域経験がない場合でも、同一地域への異動もあり得る」〔「一問一答」42〕と回答しています。 旧校経験と新校経験が継続していくものとして経験年数を通算します。

15
6年をこえて勤務するためには、校長の具申に基づいて、最終的には都教委の「検討」で認められなければなりません。 ・保育・介護・病気治療・健康などの点については今までも配慮している。

教職員人事異動 : 東京都 高等学校 教員 異動 2016/04/01

また、99年度(平成11年度)以前に在外教育施設または新教育大学大学院に派遣された人については、これらの派遣期間を減じた年数です。

お問合せ先. 都教組は、自己申告の導入当時から「一任」文書の撤回を強く要求し、異動の権利を守り、懲罰人事を許さないためにとりくんでいます。 Q39 必異動の際の異種間異動はできないといわれたのですが? A39 都教委は「必異動」での異種間異動については「原則としてできない」としてきました。

教職員人事異動 : 東京都 高等学校 教員 異動 2016/04/01

同一地域内での特別支援学級間の異動が認められる場合もありますが、その場合は1地域経験となり、異動した学校から改めて在校年数を計算し始めることになります。 つまり、これまでに経験した地区が現「要綱」で同じ「地域」に属していても、あくまでもこれまでの経験として考えます。

7
したがって希望地区はいくつでも自由に書くことができます。 (6)都教委は、二〇〇七年四月から「都立学校経営支援センター」を都内六ヶ所に開設しました。

教職員人事異動 : 東京都 高等学校 一般教員 昇任・転任 2019/04/01

第2 異動の方針• 都教組は、特に区立養護学校との交流をすすめるように要求しています。 ただし、異動の作業日程として異動申告書が地教委にある時点までは、再度、カードを本人のところまで戻して、希望地区などを記入することは可能です。 2 実施する公募• それで、僻地希望者が、結構存在しているのです。

十月下旬までには提出を求められることが予想されます。

教職員人事異動 : 東京都 高等学校 一般教員 昇任・転任 2019/04/01

三年以上は「異動の対象」ですので、校長は地教委に「校長用の異動申告書」を提出します。

10
しかし、他県や私学での教員経験、都立高校での実習助手は、経験地域とはみなされません。

「校長の人事構想」による強制異動を許すな! 希望が生かされ安心して教育活動ができる人事異動の実現を! 東京の教育と教職員のくらしを守る人事異動要求を実現しよう 2009年度へむけた人事異動Q&A|人事異動のとりくみ|生活と権利を守る|東京都教職員組合(都教組)

3、定年退職直前での異動 Q4 定年退職まであと2年。

不当労働行為、パワハラ言動などの場合 Q44 地教委、校長による「職権記入」、希望地域外地域の記入の強制、肩たたき、情実人事、恣意による人事や組合脱退の教唆誘導などの不当労働行為はあってはならないと思います。

教職員人事異動 : 東京都

ただし、教員の欠員状況によっては、配置できない場合もある。 15、未提出 Q27 自己申告書を提出していないのですが、異動はどうなるのでしょうか? A27 都教委は、「所定の申告時までに、当初申告を提出していない者については、それ以降の申告は認められない扱いであることにより、当初申告を提出していない場合は、異動についての意向及び異動先を一任したものとして扱う。

9
昨年も分会、支部・地区協のねばり強いとりくみで、「校長の具申・地教委の内申に基づき」、結果として「学年進行」や「退職予定」での残留が認められている事例が報告されています。 これも間違って3年間は異動できないと信じている校長がいる。