その 土曜日 7 時 58 分。 その土曜日、7時58分

その土曜日、7時58分のレビュー・感想・評価

監督の遺作となった。 人が変わります。 その後も 「女優志願」、 「質屋」、 「セルピコ」、 「狼たちの午後」等の、 ニューヨークを舞台にした人間ドラマやサスペンスの秀作を作り続けて来た巨匠である。

7
それでもこの邦題は原題以上に本作の魅力を表現していると思いました。

その土曜日、7時58分 : 作品情報

いや、正確にはマリサトメイのセクシーシーンから始まります。

5
その後も何度か時制を前後させ、次第に人物像や事件の経緯等の全貌が明らかになって行く展開が見事。

その土曜日、7時58分 / フィリップ・シーモア・ホフマン

3位 - - 『』• 特に実はコレ、決してコアな作風じゃなくて、結構一般ウケしそうな作品なんですけどね・・・あと個人的に、直訳が難しいのかはわかりませんが、この邦題が・・・「僕らのミライへ逆回転」ばりに納得いかないです。

14
とてもショッキングな展開が待っていますが、本作で描かれたほどまでじゃなくても、これは現実にあることだと真剣に思う。 逃げ道を失くした兄弟が、それぞれのベッドで胎児のように身を曲げる。

その土曜日、7時58分

ただ、残念なのは、これほどの傑作を、ほとんど宣伝もせず、わずか数館のミニシアターだけの限定公開しかしなかった点である。

1
3位 - - 『』• 倒れる二人…。

その土曜日、7時58分

宝石店は保険に入っているから実害はない。

冒頭で強盗計画が失敗したところから見せ、 そこからそれぞれの登場人物の強盗前、強盗当日など 時間軸もバラバラに展開し繋げていく見せ方は 単館系シネマっぽい印象-。 ガッチガチのサスペンスを期待する人にとっては、辛い作品かもしれません。

その土曜日、7時58分のレビュー・感想・評価

亡くなったのが父ならよかったのに-、と思っていた兄も ここで狂おしいほどの葛藤と対峙することに-。 6位 - -• 観て快感は得られないけれども、これも映画に於ける大切な1要素であると思う。

15
アルバート・フィニーの人物レビューで 書き直そうかな〜 Yahoo! ベストテン・リスト• いい事が1つもおきない。 ルメット、衰えたり…と多くのファンは失望した。

その土曜日、7時58分

『スパイダーマン』のメイおばさん二人の共演。

1
最初のシーン。 アカデミー俳優、P・S・ホフマンの演技がさすが素晴らしい。

その土曜日、7時58分 / フィリップ・シーモア・ホフマン

マリサ・トメイの脱ぎっぷりもこの映画の魅力です。 犯人を探す。

17
「パルプ・フィクション」や「運命じゃない人」、今年の「バンテージ・ポイント」など、 時制を解体した作品は近年の流行りだが、さすがルメット、そうしたパターンをいただきながらも、年季の入った練達の腕の冴えを見せる。

その土曜日、7時58分

ジーナ・ハンソン - (吹替:): アンディの妻。 演出の妙と、俳優陣の演技力に魅せられて、シンプルなテーマながら重厚感あるストーリーに仕立て上げられていて、最後まで飽きない。

浮気していたと捨て台詞を残して。 学ぶべきところはココ、というような作品ではなく、 個々によって捉え方が様々な作品だと思います。